ざっくり比較! 新4Kチューナーはこれを買えばOK(12/2更新)

新4K放送がいよいよ12/1にスタートする。
家のテレビが対応していない場合でも、4Kチューナー機器を購入してつなげればOK。
そこで、どの4Kチューナー機器を買えばいいのかを考えてみた。


価格.comで「BS4K」に対応したチューナー機器を検索した結果が下の表だ
(8Kにも対応した機器は高価すぎるので除外)。

→現在の価格

なお、新4K放送対応の録画機を買うという選択肢もあるが、
だいぶ割高になるため今回は除外する。
ほとんどのチューナー機器は外付HDDをUSB接続すれば録画可能だ。
1万円少々で4TBのHDDを購入して繋げば、たくさんの番組を録画できる。

では、注目機を順に見ていこう。

とにかく安価で新4K放送を見たいならピクセラ「PIX-SMB400」で決まり?



記事の執筆時点で一番安価なのがピクセラ機だ。
「ブランドへのこだわり」や
「テレビとメーカーを揃えたら連携が便利になる」などの事情がないならば
ピクセラ機で決まりだろう。
(注:11/30の時点ではパナソニック機との最安値の差はほとんどないので
2機種から選ぶといい)

OSはAndroid TVなので、Youtube、Abema TV、TVer、Gyao!等も
快適に視聴できる(たぶん。各対応状況は未確認)。

外付HDDへの録画にも対応予定だが、
対応時期が12月下旬に延期されてしまったのが難点だ。
12/1のスタート時から録画したい人は別の機器を選ぶしかない。

ピクセラ機にはリモコンに数字ボタンがないのも難点
(下記のパナソニック機の項目で詳述)。
数字ボタン付きのリモコンは12月中旬に発売予定だとのことだ。
(この段落11/30追記)

また、ピクセラ機にはHDMIケーブルが付属している
(パナソニック機に付属していない)。(12/2追記)

リモコンに数字ボタンがほしいならパナソニック「TU-BUHD100」で決まり(11/30追記)



パナソニック機はピクセラ機のOEM。

11/30の時点ではピクセラ機とパナソニック機の最安値は
どちらも約2万6000円とほとんど差がない。
とにかく安価で4Kチューナーを手に入れたい人は
パナソニック機とピクセラ機のうちの安い方を
購入すれといいだろう。

もうひとつのポイントがピクセラ機のリモコンにはない数字ボタンが
こちらのパナソニック機にはあること。
ザッピング視聴をしたいときにはやはり数字ボタンがないとかなり不便だろうから
数字ボタンがほしいならパナソニック機を選ぶといい。

ただし、パナソニック機にはHDMIケーブルが付属していない
(ピクセラ機には付属している)ので、手元にHDMIケーブルが
余っていないなら割高になってしまう場合もある。
(この段落12/2追記)


新4Kの裏番組を録画したいならSONY「DST-SHV1」で決まり?



「高くてもいいから新4Kチャンネルの裏番組録画がしたい
(新4Kチャンネルをリアルタイムで視聴しつつ、他の新4Kチャンネルを録画したい)」
という人は、4Kチューナーが2つ搭載されているSONY一択だ。

とはいえSONY機は現時点で5万3000円もするし、
4Kチューナーが2つ搭載されているからといって
2番組が同時に録画ができるわけではない。

2万5000円のピクセラ機を2台買えば
「5万円で2番組同時録画まで可能になる」ので
より便利な環境がより安く手に入ることになる。
それぞれ別のテレビにつなげば、
2台のテレビを新4K放送対応にすることができるのも利点。
もう少し値段が下がらない限り、ピクセラ機に軍配が上がりそうだ。


シンプルなシャープ「4S-C00AS1」



シャープ機は11/15に一瞬だけ約2万1000円に値下がりした。

BS4KとCS4Kのチューナーしか搭載されていないシンプル設計だが、
ピクセラ機よりもかなり割安で購入できるならば
選択肢に入ってくるだろう。
11/22の現時点では値上がりしてしまっているのが残念。

地デジやBS2Kのチューナーは搭載されていないので、
それらの録画用にも使いたいならば不向き。



東芝「TT-4K100」は12/1から録画できるほどよい機種



前述の通り、ピクセラ機は12月下旬まで録画ができない。
12/1から録画が可能で、3万円台で購入できる機種のうち
おすすめなのが東芝機だ。

「地デジ、BS2K、CS2Kのチューナーのみが
それぞれ2つずつ搭載されている」のが特色だが、
通常はテレビにもチューナーがすでに搭載されているので、
「チューナー非搭載の4Kディスプレイで使用する」
といった場合でないと利点にはならない。



その他の機器について

  • IODATA機もシャープ機と同様にBS4KとCS4Kのみ搭載のシンプル設計。他の機種よりもHDDがたくさん繋げられるのが利点?
  • マスプロ機もBS4KとCS4Kのみ搭載のシンプル設計。
  • 冒頭の表にはないフナイ機もピクセラ機のOEM。ヤマダ電機のみでの販売とのこと。
  • DXアンテナからも新4K対応チューナー「DIR4000」が発売予定。BS4KとCS4Kのみ搭載のシンプル設計。

関連リンク

更新履歴

  • 2018/11/30:パナソニック機の項を追加。ピクセラ機の項の一部を改稿。
  • 2018/11/28:関連リンクを追加。

コメント



このブログの人気の投稿

【Mac】おすすめテープ起こしアプリ「CasualTranscriber」

12/1開局! BS4K放送の番組表はここでチェック(12/10更新)

最強のテレビ番組表サイト「テレビ王国」の魅力