投稿

玉生洋一作ショートショート小説が映像化「呪い薬」

イメージ
僕のショートショート小説が原作のショートフィルムが公開されました。
原作にはない臨場感がたっぷりなので見てみてください。
2分少々です。

ちなみに原作小説は下記。初出は18年前です。
ショートショート小説『超強力呪い薬』

宇多田ヒカルとミスチルとビートルズに感謝

イメージ
昨年、たいへん大きな精神的ショックを受ける出来事がありまして。

まぁ簡単にいえば「離婚」なんですが、
最愛の娘とも会えなくなってしまい
(血が繋がっている娘ならばたまに会う約束をするなり
できたんでしょうが、なにせ血が繋がっていないので
そうも言えないという状態でして)
普通に考えたらもう「心の袋小路に入ってしまうのは必至」という
条件がすべて揃っていました。

そんな僕の心を支えてくれたのはなんといっても気にかけてくれる友人で、
彼らには感謝してもしきれないほどなのですが、
日々の生活内で僕を支えてくれたものといえば
やはり「音楽」でした。

「本や映像作品は、読んだり視聴したりするのにそれなりのパワーを要するが
音楽は流れているだけで心の中に自然に入り込んでくる」
「歌詞は共鳴できる部分だけするっと入り込んでくるし、
歌詞を受け止める余裕すらないときはただ曲を楽しめばいい」
……というのが、音楽の利点だと思います。

でも、落ち込んでいるときには
「音楽を選んで再生する」という行為すら
心の負担になるもの。
僕の場合は、たまたまいいタイミングで
音楽配信サービスの「spotify」が日本展開を始めていたのが幸運でした。

一定の時間までは無料で
名盤から最新曲まで様々な音楽を
おすすめプレイリストにしたがってずっと再生できる
……というspotifyの特性のおかげで
音楽再生のハードルが極端に低くなったのです。

あとちょっとでブラックホールに吸い込まれそうな精神状態の僕が、
数ある音楽の中から選んだのは
宇多田ヒカル、ミスチル、ビートルズでした。

後で思い返して
「ああ、あの辛い時に聴いた曲だ」
「あの辛さを象徴する曲だ」
と思うのが嫌だったからです。

どメジャーな宇多田ヒカル、ミスチル、ビートルズの曲であれば、
すでに「日本中、世界中のみんなの曲」なので
「哀れなあの頃のボクのためのテーマソング」
などという誤った認識になるのを防げます。

その後、街中で不意に耳にしたとしても
「有名曲だから流れていて当たり前」
と平然としていられるというわけです。

折り紙つきの名曲ばかりを集めたプレイリストがあるので
どの曲を聴いても「歴史を学んだ」ことになり、
「無意味な時間を過ごしてしまった」
という徒労感とは真逆の時を確実に過ごせるのも利点です。

一時期は、宇多田ヒカルの「…


【Mac】おすすめテープ起こしアプリ「CasualTranscriber」

イメージ
テープ起こしには専用アプリが便利 執筆やDTPを業にしていると、音声データを文字に起こす
いわゆる「テープ起こし」の作業が必要になる場合があります。
また、一般の会社でも会議の内容を文字に起こす場面があることでしょう。

そんなときに役立つのが、テープ起こし用アプリです。

Mac用のテープ起こし用の無料アプリをいろいろと試してみましたが、
一番おすすめなのが CasualTranscriber です。

音声ファイルの再生、一時停止、数秒戻し、数秒送り等を
スムーズにコントロールしながら、
サクサクとテキストを入力できます。

再生ソフトとテキストエディターの2つを使う場合と比べたら、
飛躍的に作業がはかどります。


ショートカットを設定すればさらにスピードアップ CasualTranscriber のウィンドウの上部には
「一時停止」「5秒送り」等のボタンがずらっと並んでいますが
マウスに手を伸ばしてこれらをいちいちクリックしていては
テキスト入力の作業がそのたびにストップしてしまいます。

[command]+[,] キーを押すと表示される CasualTranscriber の環境設定画面で
ショートカットキーを設定しておけば、
「一時停止」「5秒送り」等の操作を
すべてキーボードだけで行えるようになります。
以下はその設定例です。

テープ起こしに便利なショートカットキー設定例[option]+[X]再生/一時停止[option]+[Z][A][Q][1][2]○秒戻し(それぞれ1、3、5、10、15秒)[option]+[C][D][E][3][4]○秒戻し(それぞれ1、3、5、10、15秒)



テレビ王国などのiEPGをGoogleカレンダーにまとめて登録する

イメージ
前の記事「録画予定のテレビ番組を色で分類する」で書いたように、
Googleカレンダーに気になるテレビ番組を登録しておくと便利です。

しかし、いちいち番組名時刻を手で入力するのはとても手間がかかり、
数十の番組を登録するだけで何十分もの時間がかかってしまいます。

テレビ番組表無料Webサービスの「CHAN-TORU」を使ったり
「Yahoo!テレビ番組表」Chromeの拡張機能を組み合わせて使ったりすれば、
ボタンをクリックするだけで番組をGoogleカレンダーに登録できますが、
「目的の番組の番組詳細画面まで開かないと登録ボタンが表示されない」
「ボタンをクリックしたあとも、GoogleカレンダーのMyカレンダー名を選択したり、OKボタンをクリックしたりといった手間が1件ごとにかかってしまう」
といった難点があり、意外と面倒です。

そもそも「上記の2つのテレビ番組表は
お気に入りの『テレビ王国』と比べると見にくくて使いにくい」
というのが、個人的には最大の難点です。
「テレビ王国」にGoogleカレンダーへの追加機能があればいいのですが
残念ながらありません。

ないなら作ってしまえということで、
「『テレビ王国』から入手した番組のiPEG情報をGoogleカレンダーに読み込める形式に変換するシェルスクリプト
を自作してみました。

▼「iepgc.sh」
#!/bin/bash tdir="/Users/tamao/Downloads/" #ダウンロードフォルダーを指定★★★ afdir="${tdir}iepgc/処理済/`date +%Y%m%d-%H%M%S`" if [ ! -e "${tdir}iepgc" ]; then mkdir "${tdir}iepgc" fi if [ ! -e "${tdir}iepgc/処理済" ]; then mkdir "${tdir}iepgc/処理済" fi if [ ! -e $afdir ]; then mkdir $afdir fi iepgc=${tdir}iepgc/iepg.csv tfileu8=${tdir}iepgc/iepg-u8.tvpid tfi…


録画予定のテレビ番組を色で分類する

イメージ
わが家では、3つの録画機器を使っていろいろな番組を録画しています。

もし「3番組同時録画可能な録画機器1台」を使っているならば、
録画したい番組をどんどん予約していって、3番組が重なってしまった箇所だけ
どうしたらいいかを考えればいいのでしょう。

しかし現実には「1番組しか録画できない機器3台」を使い分けているため、
予約操作をする前に、まず気になる番組を書き出して
「何を録画するのか」
「どの機器で録画したらいいのか(残り容量の都合など)」
を検討する必要があります。


そんなときに役立つのが、無料サービスのGoogleカレンダーです。
Googleカレンダーに登録した予定には好きな色をつけることができるので
録画機器ごとに違う色をつけていけば、
複数の録画機器でちゃんと録画できるのかが一目瞭然です。

↓こんな感じです。

毎週録画したい番組は「週ごとに繰り返し」の設定にしておけば、
録画予約を忘れることもなくなり便利です。


しかし、ここで誰もが思うのが
「そもそもGoogleカレンダーに番組を登録するのが面倒」
ということでしょう。

それをスッキリ解決する、
「Googleカレンダーに気になる番組をまとめて自動登録する」テクニック
を次の記事でお届けします。



最強のテレビ番組表サイト「テレビ王国」の魅力

イメージ
テレビ欄の思い出 子供の頃から、新聞のテレビ欄・ラジオ欄を眺めるのが好きでした。

隅々まで隈なくチェックして、面白そうな番組を見つけた時の快感といったら!

「こんな内容の面白い番組なんじゃないか?」
たとえ、実際には放送時間の関係等で見られない番組だとしても
その内容を妄想しただけで、ワクワクして心が躍ったものです。


インターネット時代の番組表サイト さて、時は流れて現代。 テレビ番組表はテレビのボタンを押すだけで瞬時に表示されるという 便利な時代になりました。
しかし、テレビに表示される番組表はレスポンスや一覧性も悪く、 お世辞にも使いやすいとはいえません。
パソコンタブレット端末を使っている方におすすめしたいのは やはりテレビ番組表サイトを利用することです。
かつては、ネット上で多くのテレビ番組表サイトが公開されていましたが 2016年の現在ではだいぶ減り、主なところは下記の3つだけになりました (テレビの放送は日本各地で異なるため、扱う情報も膨大になり、 なかなか採算がとれないということなんでしょうか)。 テレビ王国Yahoo! テレビSmartザテレビジョン
個人的に最強のテレビ番組表サイトは「テレビ王国」 さて、僕がテレビ番組表に求めるポイントは以下の通りです。 チャンネルを自由に組み合わせてカスタマイズできる。27インチの画面いっぱいにできるだけ多くの局を並べて表示できる。気になる番組を1クリックで記憶しておける。映画や音楽番組等、ジャンルごとに色分けできる。
→不定期放送の映画などをざっとチェックしたいときに便利。 これらの条件をクリアしている、すばらしいテレビ番組表サイトが 「テレビ王国」です。

上の画像をクリックして見てもらえれば一目瞭然ですが、下記のすべてが可能です。

[1] チャンネルを自由に組み合わせてカスタマイズ好きなチャンネルを集めて自由にグループ分けできます。上部のタブをクリックすれば、グループを自由に切り替えられます。
[2] 画面いっぱいにできるだけ多くの局を並べて表示番組表の横幅を、最大で1800pxに設定できます。僕の愛用しているiMacの解像度は横幅が2560pxなので少し足りませんが、
[command]+[+]キーで表示倍率をアップすればピッタリになります。横に最大で20の局を並べられます。
[3] 気になる番組を1クリック…


「テレビがつまらなくなった」という誤解

映画、ドラマ、アニメを鑑賞するほか、
ニュースや各ジャンルの最新情報を収集するために、
日々、いろいろなテレビ番組を録画して見ています。

テレビ離れが叫ばれる昨今。
「テレビをまったく見ない」
「面白い番組がまるでない」
なんていう人もいるようですが、
おそらく、そんな人の大部分は
「テレビでどんな番組をやっているかを知らない」だけでしょう。

それを知ったうえでもなお「見るものがない」という人は
よっぽど興味の範囲が狭いというだけのことではないでしょうか。

「歴史」「地学」「語学」「音楽」等、それぞれの分野の番組は
数多く放送されています。

学術的な最新の発見などは、書籍になるよりも早く
テレビのニュースやドキュメンタリー番組で美しい映像付きで
放送されるのですから、これを見ないなんてもったいない!
そう強く思うのです。


最近増えてきたテレビ不要論者にぜひ知ってもらいたい、
テレビの利点を以下に列挙します(気が向いたときに増えます)。

映画が自宅でタダで見られるよ(見逃したシーンも巻き戻せるよ)。一流ミュージシャンのライブが自宅でタダで見られるよ。一流俳優の舞台が自宅でタダで見られるよ。全世界の博物館に収蔵されている名画や美術品を見られるよ。ノーベル賞で話題になった新発見をすぐに解説してもらえるよ。遺跡から発掘されたばかりの出土品を映像付きで解説してもらえるよ。